2018ロシアW杯スポンサー「VISA」

皆さんの日常生活中、離れなくのはお金ですよね~もし、君はロシア現場へW杯試合を観戦するつもりだったら、最も重要なことはロシア現地の衣食住行でしょね。衣食住行と緊密に繋がってのもお金のことだ。その時、国際クレジットカードを手握り、慣れない場所でも便利な生活できるでしょう~

国際クレジットカードといえば、「Master Card」、「Visa Card」、「American Express」3つ大手メーカーです。その中で、「VISA」は2010年FIFA南アフリカ大会以来、FIFA スポンサーとなった。

FIFAW杯大会は順調に進むために、Visaも素敵なデジタルプロモーションを発表された。

スウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチを協力者として、Visa2018ロシアW杯を応援ために撮ったデジタルプロモーションです。

プロモーションテーマは「Zlatan Ibrahimovic is going to the World Cup – but with Visa, not Sweden」です。

Viss近年多くなスボーツ大会を協力し、例えばオリンピック。1988年カルガリー冬季五輪大会、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪など。

VissとFIFA一緒に2018ロシアW杯チケットを発売中、日本代表W杯の初戦は6.19日ですが、皆さんはチケット購入時にご注意ください、間違いないようにロシアW杯チケットを購入し、満足して日本代表の試合を観戦しましょう~

日本 代表 ユニフォームを買ってほしい方はこちらへ

2018ロシアW杯スポンサー「Budweiser」

我が国の国民達はビールの狂熱ファンでしょうね~(笑笑^_^)試合を見ながら、ビールを飲んで、それは当たり前のことだと皆もきっとそう思っているかもしれない。

ある海外大学のレポート「世界主要国のビール消費量」によれば、世界主要国のビール消費量は主にアジア、ヨーロッパ両地域の人とわかりました。アジア地域で、中国と日本はこのレポートの中で高い位置にあり、確か日本国民はビールに対しての執念は深いでしょう~

1876年、米国ミズーリ州で誕生され、現在は30カ国以上で愛飲されており、世界一の販売量を誇るのバドワイザー。今、FIFA スポンサーの1つとなったが、ビールファン達にとっていいニュースだと思います。FIFAW杯大会の公式ドリンクとして、Budweiserも多くなFIFAW杯限定品を発表された。

次はBudweiserFIFAW杯限定品公式デジタルプロモーションを御覧ください~

素敵なプロモーションでしょうね。

下記は僕がまとめたBudweiserFIFAW杯限定品購入お店ですが、皆さんが参考になると幸いです。

1、アマゾンBudweiser

2、楽天市場Budweiser

3、近所のコンビニ(^o^)

日本代表のW杯初戦は迫って、早く観戦用ビールとスナックを用意して、一緒に日本代表を応援しよう~

2018ロシアW杯スポンサー「Wanda Group」

上記はFIFA会長ジャンニ・インファンティーノ、Wanda Group会長ワン・チャンリンと一緒にFIFA公式なパートナー発表会にメディアが撮った写真です。

Wanda Groupは正式にFIFA2016-2030年度の公式スポンサーとなった。

FIFA スポンサー期限に、ワンダグループは、ワールドカップのための旗兵を募集する独占的な権利を持っており、世界中12〜17歳青少年の中で合計252名旗兵を募集する。6月ロシアワールドカップキックオフで、252名青少年旗兵はFIFA旗をW杯会場へ護送する任務を参加となっている。

ワンダグループの産業は映画館、ホテル、不動産開発、文化などを関連した。

Wanda Groupとサッカー運動の絆は1994年代を遡る。その時、ワンダグループ本社にありの大連で、大連ワンダサッカークラブを創立された。

大連ワンダサッカークラブは中国サッカーリーグ戦「C League」最多優勝、中国代表としての出場も多い。2013年、120億元の負債を抱えていたため正式に解散した。

中国民族企業のシンボルとして、ワンダグループはサッカー運動への投資も多い。2016年、ワンダはリーガ・エスパニョーラ所属のアトレチコマドリードクラブ20%の株式を投資した。

今度FIFA スポンサーを投資して、ワンダグループ国際化の野望と表明した。

FIFA スポンサーとして中国大手企業ワンダグループの紹介はこれで終わります。ワールドカップ応援用品を探しなら、サッカー ユニフォーム専門通販店「Worldcup Uniform」へください~